2010年第60回安田記念(G1)予想(枠順、購入馬券)

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
2010/06/04(金)
2010年第60回安田記念(G1)の予想をします。

外国馬もいるので予想するのが難しいかもしれませんね。^^;

予想は過去10年の安田記念を調べ、1着馬、2着馬、3着馬を分析し、
今年の安田記念の出走メンバーを見て照らし合わせ、
最終予想&購入馬券を決めます。

(調べてココに記事を追加し、今日6/4金曜日中に完成させます)


当サイトは競馬でお金を稼ぐための予想・情報サイトです。
まずはこちらからお読みください。⇒ 競馬で稼ぐ儲ける方法

的中率50%の生出目理論

的中率50%の生出目理論

価格:1,575円(税込、送料別)



*今年の安田記念の枠順は以下の通りです。


1枠1 リーチザクラウン 安藤勝己
1枠2 スマイルジャック 三浦皇成
2枠3 アブソリュート 田中勝春
2枠4 フェローシップ パートン
3枠5 サイトウィナー ウィリア
3枠6 ファリダット 蛯名正義
4枠7 グロリアスノア 小林慎一
4枠8 キャプテントゥーレ 横山典弘
5枠9 スーパーホーネット 藤岡佑介
5枠10 ビューティーフラッシュ コーツィ
6枠11 マルカシェンク 柴山雄一
6枠12 ライブコンサート 和田竜二
7枠13 マイネルファルケ 松岡正海
7枠14 マルカフェニックス 福永祐一
7枠15 トライアンフマーチ 内田博幸
8枠16 サンカルロ 吉田豊 
8枠17 ショウワモダン 後藤浩輝
8枠18 エーシンフォワード 岩田康誠



まず、過去10年の安田記念の勝ち馬だけを見てみます。
勝ち馬の特徴は、

・G1連対実績、またはG2勝ちがある
・重賞で最速の上がり3Fのタイムを出したことがある
・前走はG1またはG2レースに出走している
・前走勝ち馬から0.5秒以内
・騎乗する騎手が今年重賞を勝っている

です。

上がり3Fのタイムについては、逃げ・先行脚質の場合、
重賞で3番目以内のタイムならOKです。

今年の出走メンバーでこれに当てはまる日本馬は、

・リーチザクラウン
・キャプテントゥーレ
・トライアンフマーチ

の3頭です。

・フェローシップ
・サイトウィナー
・ビューティーフラッシュ

この外国馬3頭は上がり3Fのタイムとかがわからないので、
とりあえず残しておきます。


では次に、2着候補を見ていきます。
過去の2着馬の特徴は、

・G1連対実績がない馬は前走3着以内
・前走勝ち馬から0.5秒以内
・騎乗する騎手がG1を勝っている
・G1馬以外は前走芝1400?2000mの重賞を使っている

です。

今年の出走メンバーでこれに当てはまるのは、

・マイネルファルケ
・マルカフェニックス

この2頭です。
これが2着候補です。


まとめると、

1着候補------------------------
・リーチザクラウン
・キャプテントゥーレ
・トライアンフマーチ
・フェローシップ
・サイトウィナー
・ビューティーフラッシュ

2着候補------------------------
・マイネルファルケ
・マルカフェニックス

こうなっています。


さらにここから絞っていきます。

まず外国馬ですが、安田記念で優勝している馬は前走連対しています。
だから、サイトウィナーとビューティーフラッシュは1着候補から外します。

また、前走4着以下の外国馬は安田記念で3着以内になっていないので、
前走4着のサイトウィナーは完全に消します。

ビューティーフラッシュは3着候補です。


次に注目するのは血統ですが、過去10年の安田記念の連対馬を見ると、
父か母父がノーザンダンサー系の馬が多いです。

過去10年の安田記念連対馬のべ20頭いますが、
これに当てはまらないのは、ウオッカ、ツルマルボーイ、アルマダの3頭だけです。

で、1、2着候補で父か母父がノーザンダンサー系の馬は、

・フェローシップ
・トライアンフマーチ
・マイネルファルケ

です。

グッと絞れましたね。^^

これに漏れた1、2着候補は3着候補とします。


ここでもう1度おさらいしてみます。

1着候補------------------------
・トライアンフマーチ
・フェローシップ

2着候補------------------------
・マイネルファルケ

3着候補------------------------
・リーチザクラウン
・キャプテントゥーレ
・ビューティーフラッシュ
・マルカフェニックス


ということで、最終予想をします。


本命◎はフェローシップです。

フェローシップかトライアンフマーチか考えたときに、
実績的にG1を勝っているフェローシップが上だと思いました。

トライアンフマーチはG1皐月賞2着の実績はありますが、
重賞勝ちがありません。

G3すら勝っていないんです。

ということで、本命はフェローシップ、
対抗○はトライアンフマーチです。


▲はマイネルファルケです。

2着候補だからというのもあるんですが、
マイネルファルケの1600mの強さは本物だと思っているので▲にしました。

ただ、東京コースでポカがあるのでどうなんだろ?と
ちょっと不安もあります。


△はリーチザクラウン、キャプテントゥーレ、
ビューティーフラッシュ、マルカフェニックスの4頭です。


購入馬券は馬連で、フェローシップから6頭に流します。

ボックスで購入する場合は、◎○▲の3頭に
リーチザクラウンかキャプテントゥーレを加えた4頭にします。

3連複の場合はフォーメーションで、

4?15、13?15、13、1、8、10、14

の9点買いです。


でもG1なので、馬連、枠連、ワイド馬券がオススメです。^^



関連記事

タグ : 安田記念 2010年安田記念 第60回安田記念 安田記念予想 競馬 競馬予想 中央競馬 G1予想

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド