2010年第5回ヴィクトリアマイル予想・枠順・購入馬券(東京芝1600mG1)

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/14(金)
2010年第5回ヴィクトリアマイルの予想をします。

ヴィクトリアマイルは今年でまだ5回目なので、
過去4年のデータと東京芝1600mのデータを見ながら
予想していきます。

今年のヴィクトリアマイルの枠順は以下の通りです。

*1枠1番 ベストロケーション 木幡初広
1枠2番 ヒカルアマランサス 内田博幸
2枠3番 ラドラーダ 安藤勝己
2枠4番 ウェディングフジコ 吉田隼人
3枠5番 アルコセニョーラ 武士沢友
3枠6番 シセイカグヤ 丸田恭介
4枠7番 ミクロコスモス 福永祐一
4枠8番 ヤマニンエマイユ 吉田豊 
5枠9番 ブロードストリート 藤田伸二
5枠10番 ニシノブルームーン 北村宏司
6枠11番 ブエナビスタ 横山典弘
6枠12番 ブラボーデイジー 北村友一
7枠13番 ワンカラット 藤岡佑介
7枠14番 コロンバスサークル 蛯名正義
7枠15番 アイアムカミノマゴ 秋山真一
8枠16番 ムードインディゴ 上村洋行
8枠17番 レッドディザイア 四位洋文
8枠18番 プロヴィナージュ 佐藤哲三


まず、過去4年のヴィクトリアマイルの勝ち馬の
実績、血統、騎手を見てみます。

2009年 ウオッカ
2008年 エイジアンウインズ
2007年 コイウタ
2006年 ダンスインザムード

実績についてですが、この4頭は重賞勝ちの実績があります。

ウオッカ、ダンスインザムードはマイルG1を勝っていて、
コイウタは東京のマイル重賞を勝っていました。

この3頭はマイル実績もありましたが、エイジアンウインズは、
1600m未経験でした。

前走の成績は、ウオッカ以外重賞を使って連対しています。
ウオッカはドバイで着外ですが、これは例外として見ていいと思います。

やっぱり、重賞を勝っているような強い馬で、
今調子がいい馬じゃないとG1は勝てないですよね。^^

それから前走の上がり3Fのタイムが、
ダンスインザムードとコイウタがメンバ中3位、
エイジアンウインズは逃げて4位というように、
上がり3Fのタイムが速いという共通点があります。

実際、本番のヴィクトリアマイルでも上がり3Fのタイムがウオッカはメンバー中最速、
他の3頭は2番目に速かったです。


次に血統ですが、4頭ともヘイルトゥリーズン系です。

ウオッカ(タニノギムレット)
エイジアンウインズ(フジキセキ)
コイウタ(フジキセキ)
ダンスインザムード(サンデーサイレンス)

産駒成績はその年その年で変わりますが、
東京芝1600mの成績が極端に悪くなければ問題はないようです。

エイジアンウインズは1600m未経験でしたが、
1600m戦未経験でも血統的に大丈夫なら問題はなさそうです。


次に騎手を見てみます。

2009年 ウオッカ(武豊)
2008年 エイジアンウインズ(藤田伸二)
2007年 コイウタ(松岡正海)
2006年 ダンスインザムード(北村宏司)

4人の当時の東京芝1600mの成績を見てみましたが、
全員抜群に成績が良いわけではありませんでした。

ただ、全員その年の1月からヴィクトリアマイルが行われた5月までに、
重賞を勝っていました。

その年に重賞を勝っている騎手というのがポイントみたいですね。


おさらいすると、

・重賞勝ちの実績がある
・前走は重賞に出走していて連対している
・前走の上がり3Fのタイムが速い
・血統的に東京芝1600mは大丈夫
・今年重賞を勝っている騎手が騎乗する

です。

今年のメンバーを見ると、前走重賞に出走していて
連対している馬で重賞勝ち実績がある馬は、

・アイアムカミノマゴ(上がり3Fのタイム3番目)
・ニシノブルームーン(上がり3Fのタイム4番目)
・ブラボーデイジー(上がり3Fのタイム9番目)

この3頭です。

ただし、ブエナビスタとレッドディザイアはウオッカ同様例外として加えます。

カッコに書いたように、アイアムカミノマゴとニシノブルームーンは
上がり3Fのタイムが速いです。

ブエナビスタとレッドディザイアも過去実績を見ると
上がり3Fのタイムが速いです。

上がり3Fのタイムがそんなに速くないブラボーデイジー以外の馬の血統を見ると

・アイアムカミノマゴ(アグネスタキオン)
・ニシノブルームーン(タニノギムレット)
・ブエナビスタ(スペシャルウィーク)
・レッドディザイア(マンハッタンカフェ)

このようになっています。

東京芝1600mは大丈夫ですね。
心配ありません。

最後に騎手を見てみます。

・アイアムカミノマゴ(秋山真一郎)
・ニシノブルームーン(北村宏司)
・ブエナビスタ(横山典弘)
・レッドディザイア(四位洋文)

全員が今年重賞を勝っています。

ということで、全ての条件をクリアしたこの4頭が1着候補です。

1着候補----------------------
・アイアムカミノマゴ
・ニシノブルームーン
・ブエナビスタ
・レッドディザイア


次はヴィクトリアマイルで2着になった馬を見ていきます。

2009年 ブラボーデイジー
2008年 ウオッカ
2007年 アサヒライジング
2006年 エアメサイア

実績ですが、重賞勝ちかG1連対実績がありました。

ウオッカとエアメサイアはG1馬でしたし、アサヒライジングは秋華賞で2着でした。
ブラボーデイジーはヴィクトリアマイルの前走になる福島牝馬S(G3)を勝っていました。

前走は重賞に出走していて、ウオッカ以外は連対しているか上位人気になっていました。
ここでもウオッカは例外として扱います。^^;

アサヒライジングは2番人気で8着になっていますが、
勝ち馬から0.8秒差でした。


血統はブラボーデイジー以外はヘイルトゥリーズン系です。

ブラボーデイジーの父はクロフネですが、母父がサンデーサイレンスです。
クロフネ産駒も東京芝1600mの成績は良いです。


騎手はブラボーデイジーに騎乗した生野賢一騎手以外は
東京芝1600mの成績は良かったです。

ただ、全員その年の1月からヴィクトリアマイルが行われた5月までに、
重賞を勝っていました。


まとめると、

・重賞勝ちかG1連対実績がある
・前走は重賞に出走していて連対しているか人気になっていた
・前走負けても1.0秒以内
・父か母父がヘイルトゥリーズン系
・今年重賞を勝っている騎手が騎乗する

です。

父か母父がヘイルトゥリーズン系というのが絶対なのか、
それとも東京芝1600mの産駒成績が極端に悪くなければいいのか
ちょっと微妙なので、それ以外の3つの要素で見てみます。

今年の出走メンバーで実績、前走、騎手の条件を満たしているのが、

・ブラボーデイジー

1頭だけです。

ただし、以下の3頭がちょっとおしいんです。^^

・プロヴィナージュ(実績⇒G1秋華賞3着、G2重賞2着)
・ブロードストリート(前走4番人気で0.4秒差の4着)
・ワンカラット(騎乗する騎手が今年重賞を勝っていない)

カッコの中の条件だけ満たしていないんです。

プロヴィナージュの実績はOKっぽい感じがしますよね。
ブロードストリートだって4番人気なら人気馬のうちに入っていると思います。

ワンカラットに騎乗する藤岡佑介騎手は今年重賞を勝っていませんが、
2着が3回あり、そのうちの1回がワンカラットに騎乗したものです。

3頭とも条件をクリアしたようなものですよね。

ということで、この3頭も2着候補に入れます。^^

さらにこの4頭を血統で見ると・・

ブラボーデイジー、プロヴィナージュの2頭が母父サンデーサイレンス、
ブロードストリートはアグネスタキオン産駒なので、
この3頭は血統条件もクリアしています。

ワンカラットだけ条件に当てはまりませんでした。

ワンカラットはヴィクトリアマイルと同じ東京芝1600mの
NHKマイルCを凡走しているので、どうなのかな?と思ってしまいます。

ん?・・ここはワンカラットを候補から外すことにします。

ということで、2着候補はこうなりました。

2着候補----------------------
・ブラボーデイジー
・プロヴィナージュ
・ブロードストリート


次も同じようにヴィクトリアマイルで3着になった馬の
実績、血統、騎手を見ていきます。

2009年 ショウナンラノビア
2008年 ブルーメンブラット
2007年 デアリングハート
2006年 ディアデラノビア

実績ですが、ショウナンラノビア以外は重賞勝ちか連対実績がありました。

ショウナンラノビアはダート路線から芝に変更して2連勝中でした。

卯月Sでは52kgの斤量でしたが、タイムは2週前に行われた
ダービー卿CT(G3)よりも良かったですからね。

タイムだけで強さを判定することはできないかもしれませんが、
好走する可能性はありました。


前走成績を見ると、ショウナンラノビア以外は重賞を使っていて、
勝ち馬から1.0秒以内でした。

ショウナンラノビアは準オープンのレースを勝っています。

重賞以外は勝っていることが条件で、重賞を使った馬は、
勝ち馬から1.0秒以内というのが条件です。


次に血統ですが、ショウナンラノビア以外はヘイルトゥリーズン系です。
やっぱり東京芝1600mはこの血統なんですね。^^

ショウナンラノビアはフレンチデピュティ産駒ですが、
このフレンチデピュティ産駒は東京芝1600mのG1で活躍しています。

例えば、

・クロフネ(NHKマイルC 1着1番人気)
・グラスエイコウオー(NHKマイルC 2着13番人気)
・ピンクカメオ(NHKマイルC 1着17番人気)
・ショウナンラノビア(ヴィクトリアマイル 3着7番人気)

こんな感じです。

人気薄だろうがなんだろうが関係ありません。^^

だから、父、母父にヘイルトゥリーズン系がいる馬以外に
フレンチデピュティ産駒にも注意が必要です。

今年2010年のヴィクトリアマイルに出走するメンバーで
フレンチデピュティ産駒なのは、2着候補に挙げた
プロヴィナージュです。

プロヴィナージュはフレンチデピュティ産駒なうえに、
母父がサンデーサイレンスというガッツリ狙いたい血統をしています。^^


最後に騎手ですが、4頭に騎乗していた騎手全てが、
その年の1月からヴィクトリアマイルが行われた5月までに、
重賞を勝っていました。

1?3着候補まで全てコレに当てはまりますね。
東京芝1600mの成績は特に関係はないみたいです。


おさらいすると、

・重賞勝ちか連対実績がある
・前走は重賞に出走していて勝ち馬から1.0秒以内
・前走重賞以外のレースに出走した場合は勝っていること
・父か母父がヘイルトゥリーズン系、またはフレンチデピュティ産駒
・今年重賞を勝っている騎手が騎乗する

です。

今年の出走メンバーで実績、前走、騎手の条件を満たしているのが、

・・・

いません。^^;

1頭だけ、ヒカルアマランサスがおしいというか、
騎手以外の条件は満たしているんです。

ヒカルアマランサスに騎乗する内田騎手が今年重賞を勝っていないだけです。

競馬ファンなら知っていると思いますが、内田騎手は今年落馬で骨折しましたよね。
それがあったから重賞を勝てていないと思うんですよ。

今年の重賞成績は、2着2回、3着4回です。

多分、OKですよね。^^

ということで、3着候補にヒカルアマランサスを入れます。

3着候補----------------------
・ヒカルアマランサス


これで、全ての候補馬で出揃いました。

1着候補----------------------
・アイアムカミノマゴ
・ニシノブルームーン
・ブエナビスタ
・レッドディザイア

2着候補----------------------
・ブラボーデイジー
・プロヴィナージュ
・ブロードストリート

3着候補----------------------
・ヒカルアマランサス


1着候補の中から本命を決めます。

本命◎はブエナビスタ。
ついでに対抗○はレッドディザイア。

もう、これはそうでしょう。^^

ブエナとディザイア、◎と○が逆になったりとかあるかもしれませんが、
この2頭は牡馬含めても上位なので、下手を打たない限り2頭軸は間違いないでしょう。

今回のヴィクトリアマイルは、これといった逃げ馬がいないので、
あまり後ろから行くとひょっとしてということがないとは言えません。

ブエナビスタは横山騎手に乗り替わってから前目で競馬をしているので、
レッドディザイアよりも取りこぼす確率が少ないと思い本命にしました。

3番手は、

・アイアムカミノマゴ
・ニシノブルームーン
・ブラボーデイジー
・プロヴィナージュ
・ブロードストリート

この中からアイアムカミノマゴを選びました。

アイアムカミノマゴは2連勝中ですし、1600mまでならブエナビスタと
レッドディザイアに喰らいついていけると思います。

あとは△ですが、◎○▲の3頭を崩すとすれば、
前に行って粘るかもしれないブラボーデイジーと
プロヴィナージュかなと思っています。


ということで、印はこうなりました。

◎11番ブエナビスタ
○17番レッドディザイア
▲15番アイアムカミノマゴ
△18番プロヴィナージュ
△12番ブラボーデイジー
△10番ニシノブルームーン
△09番ブロードストリート
△02番ヒカルアマランサス

購入馬券は、馬連だったらブエナビスタを軸にする

11?17,15,18,12,10,9,2

の7点買いか、ブエナからプロヴィナージュまでの上位4頭のボックス

11,17,15,18

の6点買いにします。

ブエナビスタとレッドディザイアの馬連が2倍台とかになりそうなので、
馬連や枠連で利益を出すのは難しそうですね。^^;

それよりは、ワイドでブエナビスタからプロヴィナージュとブラボーデイジー、
オッズを見ながらアイアムカミノマゴまで流した方がよさそうです。

3連複の買い目は、フォーメーションで、

11?17,15?17,15,18,12,10,9,2

の12点買いです。

ブエナビスタとレッドディザイアの2頭軸でもいいと思いますが、
この2頭以外は割れそうな気がするのでオッズを見てから決めます。

サタうま!700万馬券getの法則


参考:
東京芝1600m 東京競馬場コースデータ


関連記事

タグ : ヴィクトリアマイル 2010年ヴィクトリアマイル 第5回ヴィクトリアマイル ヴィクトリアマイル予想 東京芝1600m G1 競馬 中央競馬 競馬予想

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。