2014年第64回ダイヤモンドステークス(G3)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/21(金)

個人的に思っていることなんですが、
長距離路線ってクラスの垣根が何となく低いですよね。^^;

1600万下を勝ってないタニノエポレットが
オープンの万葉Sを勝ったり、1000万下を勝ってない
ラブラドライトが万葉Sで2着になったり。

もちろん斤量や調子で大きく左右されると思いますが。

垣根が低いというより、長距離レースが少ないので、
普段は力を出し切れない条件で走っているだけなのかも
しれないですね。

では、レース分析によってはじき出した
今年のダイヤモンドステークスの1、2着候補を見てください。


1、2着候補馬
6枠6番 アドマイヤバラード
6枠7番 ラブラドライト
8枠10番 タニノエポレット


それから、こちらが特別候補馬です。

特別候補馬
1枠1番 フェイムゲーム
4枠4番 セイクリッドバレー
7枠8番 ロードオブザリング


これを踏まえて。

2014年第64回ダイヤモンドステークス(G3)を予想します。


*


人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


本命◎はタニノエポレット。

前走の万葉Sは強かったですね。^^

今回斤量が増えますが、この馬は
3000m以上のレースには強そうなんですよね。

去年も強い馬が出走しているレースでなければ
大きく負けたりしていないので今回も勝ち負け出来ると思います。

○はアドマイヤバラード。

この馬は16戦して掲示板を外したのは2回だけ。

1秒以上負けたのもG2の京都新聞杯だけなので
安定した走りをしていますよね。^^

距離も2600mを勝っているので大丈夫だと思うし、
ハーツクライ産駒は2年連続で連対していますからね。

チャンスはあると思います。

▲はフェイムゲーム。

この馬もハーツクライ産駒です。

距離は前走のAJCCで走った2200mが最長ですが、
G3勝ち、G23着と距離が持てば能力的には突き抜ける可能性が
高いと考えています。

距離の他に左回り、東京でのレースも
1度しか経験してないので、印は▲にしました。

△はラブラドライトとセイクリッドバレー。

ラブラドライトは前走の万葉Sで2着になっているので
格下ではありますが軽視は出来ないと思い△にしました。

セイクリッドバレーはほとんど長距離を走っていませんが、
菊花賞で0.8秒差の7着という実績があるので、
そこそこ走れるんじゃないかと考えてます。

2013年以降、馬券に絡んだのは1度だけですが、
それも3走前のことですし、年間を通して
1.0秒以上負けてないので、ここでも上位に来る
可能性はあると思い△にしました。

ということで、印はこんな感じです。

◎ 8枠10番 タニノエポレット
○ 6枠6番 アドマイヤバラード
▲ 1枠1番 フェイムゲーム
△ 6枠7番 ラブラドライト
△ 4枠4番 セイクリッドバレー

購入馬券ですが、◎を軸にした馬連4点買いにします。

馬連:
10-6,1,7,4
合計4点

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : ダイヤモンドステークス予想 2014年ダイヤモンドステークス予想 第64回ダイヤモンドステークス予想 ダイヤモンドステークス 2014年ダイヤモンドステークス 第64回ダイヤモンドステークス 重賞予想 競馬予想 競馬

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。