2014年第28回根岸ステークス(G3)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/31(金)

フェブラリーSまで、あと1ヶ月。

この根岸Sも重要なレースです。^^

以前までは、ここに出走してくる馬は
スプリント系の馬が多かったのでフェブラリーSでは
軽視していましたが、近年では好走する馬もいるので
しっかりチェックしようと思ってます。

では、レース分析によってはじき出した
今年の根岸ステークスの1、2着候補を見てください。


1着候補馬
3枠5番 スノードラゴン
4枠8番 ドリームバレンチノ
5枠9番 ノーザンリバー
7枠13番 ブライトライン
7枠14番 シルクフォーチュン


2着候補馬
5枠10番 テスタマッタ


それから、こちらが特別候補馬です。

特別候補馬
1枠2番 アドマイヤロイヤル
2枠3番 ダノンカモン
3枠6番 ゴールスキー


これを踏まえて。

2014年第28回根岸ステークス(G3)を予想します。


*


人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


本命◎はブライトライン。

ブライトラインはダートに転向して
6戦3勝、3着2回。

3着を外したのはJCDの4着だけ。

能力はトップクラスですよね。^^

正直、ここでは負けられないと思います。

距離も1200mから1800mまで幅広く対応しているので、
今回の1400mも問題ないと考えています。

対抗○はドリームバレンチノ。

ドリームバレンチノはダート2戦2連対。

初ダートがJpn1のJBCスプリントで2着ですから、
能力の高さとダート適性は証明されていると思います。

元々、適性があればクラスはそのまま通用する
と考えているので、芝のG1で連対実績があるわけなので、
ダートG1でも距離が合えばG1級の能力だと思ってます。

ただ今回は中央のダートが初めてなのと、
東京の1400mは大丈夫なのか、ちょっと心配なので
印は○にしました。

▲はシルクフォーチュン。

シルクフォーチュンはダートG1連対実績があるので
能力はここでも上位だと考えています。

2012年のこのレースを勝っているので、
適性などは問題ないと思います。

アテにならないところがありますが、
◎○の2頭を負かすとしたら、この馬かなと。

勝つ可能性もあると思いますが、
惨敗する可能性もあるので印は▲にしました。

△はアドマイヤロイヤルとスノードラゴン。

アドマイヤロイヤルは高い連対率、複勝率なので
能力は高いと思います。

でもちょっと勝ち切れないところがあるんですよね。^^;

まして今回は休み明けのレース。
なので、印は△にしました。

もう1つの△はスノードラゴンと
ノーザンリバーで迷いました。

能力的には拮抗していると思いますが、
「東京ダート1400m」なら、スノードラゴンのほうが
先着するんじゃないかと考えました。

スノードラゴンって西に遠征に行ったときは
勝っていませんが、東での成績は良いんですよね。

今回も大崩れはないと考え△にしました。

ということで、印はこんな感じです。

◎ 7枠13番 ブライトライン
○ 4枠8番 ドリームバレンチノ
▲ 7枠14番 シルクフォーチュン
△ 1枠2番 アドマイヤロイヤル
△ 3枠5番 スノードラゴン

購入馬券ですが、◎を軸にした馬連4点買いにします。

馬連:
13-8,14,2,5
合計4点

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 根岸ステークス予想 2014年根岸ステークス予想 第28回根岸ステークス予想 根岸ステークス 2014年根岸ステークス 第28回根岸ステークス 重賞予想 競馬予想 競馬

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。