2013年第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/20(金)

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは
毎年素質馬が出走してきます。

去年は7頭立てと少なかったですが、
後のダービー馬と菊花賞馬がここから出ています。

今年はどんな素質馬が出走し、そして勝つのか。

楽しみですよね。^^

では早速、レース分析によってはじき出した
今年のラジオNIKKEI杯2歳ステークスの1、2着候補を見てください。


1着候補馬
5枠10番 デリッツァリモーネ


2着候補馬
1枠1番 ワンアンドオンリー
2枠3番 サトノアラジン


それから、こちらが特別候補馬です。

特別候補馬
1枠2番 シンガン
2枠4番 ダノンマッキンレー
3枠6番 ミヤビジャスパー
6枠11番 モンドシャルナ
6枠12番 アズマシャトル
7枠13番 セセリ
7枠14番 ビップレボルシオン
8枠15番 マイネルフロスト


これを踏まえて。

2013年第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)を予想します。


*


人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


1、2着候補馬少なっ。^^;

このレースはG1馬になるような素質馬が
過去に多く出走しています。

当然今年もそうだと思うので、
ここで勝ち負けするのは無敗馬か
連対率、複勝率100%の馬じゃないかと
考えています。

となると、重い印を付けるのは
1着候補馬か1勝馬ということになります。^^

で、とりあえず有力馬のレース映像を見たんですが、
印象に残ったのはビップレボルシオン、セセリ、
モンドシャルナの3頭です。

名前を上げた順にインパクトが強かったです。

まずビップレボルシオン。

この馬は3馬身差で勝ったのもそうですが、
印象に残ったのはやはり末脚ですね。

最後までいっぱいに追ってないので
上がりのタイムはもっと短縮出来ると思います。

セセリは逃げて勝ちましたが、別に逃げ馬なわけじゃなく、
普通に走っていたらあの位置になったんだと思います。

直線はホントに余裕がありすぎて、
他馬に少し詰め寄られたとき以外は
あまり追っていないですよね。

それで最速の上がりなので、
この馬も相当能力があると考えています。

モンドシャルナはディープインパクトの半弟
ということで注目されていますね。

新馬戦の着差はあまりなかったですが、
直線での伸びはやはり能力あるなという感じでした。

ただビックリするほどの強さではなかったので
現段階ではG1を勝てるとか、そういうことはわからないです。

まぁ、去年のこのレースに出走した
エピファネイアやキズナもバッドボーイと
差のない競馬してましたからね。

今の時期に見極めるのは難しいですし、
レース結果だけじゃわからないですしね。^^;

で、この3頭に◎○▲を付けようと思います。

本命◎はセセリ。

先行出来る脚質と、前走2000mを使っているので
スタミナ的な信頼度、そして川田騎手のこのコースでの
成績が良いことから◎にしました。

○はビップレボルシオン。

この馬は追えば追うほど伸びるイメージだったので
スタミナ面での心配はないですし、マンハッタンカフェ産駒は
このコースを得意としているので○にしました。

▲はモンドシャルナ。

良血なので、あっさり勝つ可能性は十分あります。

ただ馬体が小さいのが気になりますね。

過去10年で馬体重が460kg未満の馬は
連対したことはないです。(3着はあります)

ネオユニヴァース産駒はこのコースを
あまり得意としていませんが、このレースに関しては、
過去10年で2勝、2着1回の成績です。

ちなみに勝った馬は、ロジユニヴァースと
ヴィクトワールピサの2頭。

後のダービー馬と皐月賞馬です。

ヴィクトワールピサは有馬記念と
ドバイワールドカップも勝ちましたよね。

モンドシャルナがもしもこのレースを勝ったら、
いつかG1を勝つかもしれませんね。^^

△はデリッツァリモーネとサトノアラジン。

デリッツァリモーネは前走オープンの
萩Sを勝ちましたが、着差はハナ差と僅かでした。

最後は2着のワンアンドオンリーに
差されたんじゃないかと思うような感じでしたが、
それでもこの馬に印を打ったのはデビューから
全て3着以内になっているからです。

距離、コース、競馬場、鞍上が違うのに
安定して結果を残しているのは、能力があるからだと
判断しました。

サトノアラジンは前走人気を裏切ってしまいましたが、
休み明けのレースでしたし、先ほど話した
ワンアンドオンリーに先着しているので、
やはり能力はあるなと。

ただ、あそこで勝ち負け出来ないようでは
ここを勝ち切ることも難しいと思い△にしました。

ということで、印はこんな感じです。

◎ 7枠13番 セセリ
○ 7枠14番 ビップレボルシオン
▲ 6枠11番 モンドシャルナ
△ 5枠10番 デリッツァリモーネ
△ 2枠3番 サトノアラジン

購入馬券ですが、◎と○をそれぞれ軸とした
3連複流し9点買いにします。

3連複:
13-14,11,10,3
14-11,10,3
合計9点

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : ラジオNIKKEI杯2歳ステークス予想 2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークス予想 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス予想 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 重賞予想 競馬予想 競馬

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。