2013年第147回天皇賞・春(G1)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/27(土)

2013年第147回天皇賞・春(G1)を予想します。

競馬予想ブログランキング


*



今年の天皇賞・春のレース分析によって
はじき出した1、2着候補がこちらです。

1着候補馬
1枠1番 トーセンラー
2枠3番 デスペラード
2枠4番 ジャガーメイル
3枠6番 フェノーメノ
4枠8番 ゴールドシップ
7枠13番 レッドカドー
7枠15番 カポーティスター
8枠18番 ムスカテール


2着候補馬
4枠7番 アドマイヤラクティ


ゴールドシップが断然人気になっている天皇賞(春)ですが、
1着候補馬は8頭と意外に多いです。

多いですが、やはりゴールドシップが強いかなと。^^

3歳秋以降のレースを見ると、
ゴールドシップの強さがわかりますよね。

見た目はあまり速く感じませんが、
デビューしてから今まで、上がり3Fのタイムは全て2位以内。

2000mの皐月賞でも3000mの菊花賞でも
古馬も含めた有馬記念でもですよ?

トップギアに入るまでは少し時間がかかるイメージですが、
スピードの乗ったら後ろから差されることはありません。

内田騎手がゴールドシップでの勝ちパターンを
知り尽くしているので、枠や展開にも左右されません。

ただ、ダービーのときのように仕掛けが遅くなると
差し余す可能性があります。

まぁ、ダービーのときはワールドエースを
意識し過ぎたんだと思いますが、今は自分の競馬をすれば
勝てることがわかっていますからね。

今回も本命◎はゴールドシップです。

対抗○はレッドカドー。

正直、ゴールドシップに対抗出来るのは、
こういった外国馬か、一か八かの大逃げを打つ馬だと思います。

今までゴールドシップを負かそうとした馬、
マウントシャスタやベールドインパクトは
スタミナ切れでゴールまで持ちませんでした。

ゴールドシップが上がっていったから
それに併せて上がっていく。

そういう競馬をすると最後まで持たないんですよね。

それほどゴールドシップはスタミナがあるってことです。

で、それに影響されないと思うのは、
自分の競馬を貫き通しそうな外国馬と
大逃げを打つ馬。

ただ大逃げを打つ馬というのはレースにならないと
わからないので、外国馬のレッドカドーを○にしました。

JCでは8着でしたが、フェノーメノとは0.2秒差でしたし、
香港やドバイでは強い競馬をしているので十分戦えると思います。

▲はアドマイヤラクティ。

アドマイヤラクティもスタミナは豊富そうです。

2000mぐらいの重賞ではなかなか勝てませんでしたが、
ダイヤモンドSでは余裕でした。

長距離が合ってるんだと思います。

△はフェノーメノとデスペラード。

フェノーメノはゴールドシップを意識した競馬をしたら
スタミナ切れになるんじゃないかと思い、評価を下げた感じです。

ただし、意識せず自分の競馬をしたら
やはり能力があるので上位に来ると思います。

デスペラードは3000m以上のレースを3戦して
常に安定した成績です。

問題はその疲れがあるかないかですが、
疲れがないなら上位に来る可能性は高いと思います。

ということで、印はこんな感じになりました。

◎ 4枠8番 ゴールドシップ
○ 7枠13番 レッドカドー
▲ 4枠7番 アドマイヤラクティ
△ 3枠6番 フェノーメノ
△ 2枠3番 デスペラード

購入馬券ですが、◎を軸とした
3連複流し6点買いにします。

3連複:
8-13,7,6,3
合計6点

人気ブログランキング





関連記事

タグ : 天皇賞・春予想 2013年天皇賞・春予想 第147回天皇賞・春予想 天皇賞・春 2013年天皇賞・春 第147回天皇賞・春 重賞予想 競馬予想 競馬

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。