レース分析で見る2012年重賞の勝ち馬 レース分析結果のまとめ

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/18(金)
2012年の重賞勝ち馬とレース分析で選んだ候補馬を見比べて見ました。

2012年に行われた重賞は134レース。

勝ち馬134頭中、このブログのレース分析で
1着候補馬に選んだ馬は66頭でした。

だいたい半分ですよね。

2着候補馬で重賞を勝ったのは29頭、
特別候補馬は14頭、ノーマークだったのは19頭でした。

おさらいすると、こんな感じです。

134レース中
1着候補馬 66 49.2%
2着候補馬 29 21.6%
特別候補馬 14 10.4%
ノーマーク 19 14.1%
その他 6(1レースは3着候補馬。5レースはやってない)

途中レース分析をやってないときがありました。^^;

1着候補馬が勝つ確率は約50%なので本命はそこから選ぶのが良さそうですが、
多い時は5頭以上いるのでそう簡単な話ではありません。^^;

問題なのはノーマーク馬の勝率が14%もあるということです。

というか、1着候補馬の勝率が約50%だとしたら、
どう考えてもWIN5はここだけではダメですよね。

1、2着候補馬と特別候補馬を合わせて勝率が80%なんですから。^^;

なので、今後WIN5予想をするときは、特別候補馬まで出す必要がありますね。

これを調べていて思ったことは、

・このままじゃダメだwもう1つ、2つフィルターをかけないと
・ノーマーク馬はどんな馬だったのか?

です。

まず、今まで通りのレース分析では、1、2着候補馬が多すぎます。^^;

これにもう1つ、2つフィルターをかけて絞り込みたいですよね。

あとは、レース分析で引っ掛からなかったノーマーク馬。

一体どんな馬が勝ったのか気になるところです。

さっと見たところ、ほとんどが人気薄の馬で、
約半分となる9頭が2ケタ人気の馬でした。



関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。