【2013年版】 天皇賞(秋)(G1)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/22(火)

天皇賞(秋)(G1)のレース分析をします。

では早速過去の天皇賞(秋)の勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


*



日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121028エイシンフラッシュ牡55121007毎日王冠G22芝1800 0.6
111030トーセンジョーダン牡57110821札幌記念G21芝2000-0.0
101031ブエナビスタ   牝41100627宝塚記念G11芝2200 0.1
091101カンパニー    牡85091011毎日王冠G24芝1800-0.2
081102ウオッカ     牝41081012毎日王冠G21芝1800 0.0
071028メイショウサムソン牡41070624宝塚記念G12芝2200 0.1
061029ダイワメジャー  牡54061008毎日王冠G23芝1800-0.0
051030ヘヴンリーロマンス牝514050821札幌記念G29芝2000-0.0
041031ゼンノロブロイ  牡41041010京都大賞G21芝2400 0.0
031102シンボリクリスエス牡41030629宝塚記念G11芝2200 0.3

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走G2以上で2番人気以内or連対していること
  • 前走距離は芝1800m~2400m
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内

です。

実績を見てみると、ほとんどの馬がG1を勝っていて、
G1未勝利の馬は前走G2を勝っているか、その年のG1で
連対していました。

また、ほとんどの馬が前走G2で勝っているか、
近3走以内にG1で連対していました。

2012年の勝ち馬エイシンフラッシュは、海外でのレースを除けば
3走前のG1有馬記念で連対していました。

ちなみに、前走はほとんどが秋以降のレースを使っていますが、
3頭だけが宝塚記念からの直行で勝っています。

しかしこの3頭、シンボリクリスエス、メイショウサムソン、
ブエナビスタはすでにG1を勝っていて、しかもG1で3連対以上という
トップレベルの馬でした。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121028フェノーメノ   牡31120917セントラG21芝2200-0.2
111030ダークシャドウ  牡42111009毎日王冠G21芝1800-0.0
101031ペルーサ     牡34101010毎日王冠G21芝1800 0.5
091101スクリーンヒーロー牡57090628宝塚記念G16芝2200 0.5
081102ダイワスカーレット牝42080406産経大阪G21芝2000-0.1
071028アグネスアーク  牡47071007毎日王冠G25芝1800 0.2
061029スウィフトカレント牡57060924オールカG23芝2200 0.0
051030ゼンノロブロイ  牡51050816インタG1 芝2080----
041031ダンスインザムード牝313041017秋華賞G11芝2000 0.9
031102ツルマルボーイ  牡55030629宝塚記念G18芝2200 0.0

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走G2なら2番人気以内or連対or勝ち馬とタイム差なし
  • 前走G1なら2番人気以内or連対or勝ち馬と0.5秒差以内
  • 前走距離は芝1800m~2400m
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内(G1馬を除く)

です。

実績を見てみると、全ての馬がG2以上で連対していて、
G1馬以外は近3走以内に連対していました。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走G2以上で2番人気以内or連対していること
  • 前走距離は芝1800m~2400m
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内
  • G1を勝っている
  • G1未勝利の馬は前走G2を勝っているか、その年のG1で連対
  • 前走G2を勝っているor近3走以内にG1で連対

2着馬の条件

  • 前走G2なら2番人気以内or連対or勝ち馬とタイム差なし
  • 前走G1なら2番人気以内or連対or勝ち馬と0.5秒差以内
  • 前走距離は芝1800m~2400m
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内(G1馬を除く)
  • G2以上で連対
  • 近3走以内に連対(G1馬を除く)

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

天皇賞(秋)の予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 天皇賞(秋)レースデータ分析 天皇賞(秋)データ 天皇賞(秋) 2013年天皇賞(秋)レースデータ分析 第148回天皇賞(秋)レースデータ分析 2013年天皇賞(秋)データ 第148回天皇賞(秋)データ 2013年天皇賞(秋) 第148回天皇賞(秋) 2013年第148回天皇賞(秋)

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。