【2014年版】 京成杯オータムハンデ(G3)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/09(火)

京成杯オータムハンデ(G3)のレース分析(2014年版)をします。

では早速過去の京成杯オータムハンデの勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。


*
日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130908エクセラントカーヴ牝43130810新潟日H16002芝1400-0.1
120909レオアクティブ  牡32120825朱鷺S2芝1400-0.2
110911フィフスペトル  牡52110626夏至S1芝1800-0.1
100912ファイアーフロート牡44100821長岡SH16008芝1400-0.0
090913ザレマ      牝52090816クイーンG31芝1800 0.2
080914キストゥヘヴン  牝53080608安田記念G114芝1600 0.9
070909キングストレイル 牡52070318東風S2芝1600-0.0
060910ステキシンスケクン牡310060716アイビスG3212芝1000 1.9
050911マイネルモルゲン 牡53050814関越SH4ダ1800 0.0
040912マイネルモルゲン 牡42040606安田記念G115芝1600 0.4

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走条件戦なら勝っていて、今回斤量が2kg以上軽くなる
  • 前走オープンなら勝っているか、勝ち馬とタイム差なしの競馬
  • 前走G3なら3番人気以内or3着以内
  • 前走距離は1000m~1800m
  • 前走との間隔は約1ヶ月以内(重賞馬を除く)

です。

実績を見てみると、近3走以内に連対しているか、
重賞で勝ち馬から0.5秒前後差以内の競馬をしていました。

ただし、近3走が格上レースだったり、
適距離以外のレースの場合は度外視してもOKです。

また、中山のマイル重賞を勝ったことがある馬の場合も
今回走れる状態にあるようだったら、近3走の成績が
パッとしなくても好走する可能性があるみたいです。

ハンデに関しては、特に軽量馬が好走するなどはなく、
いたってフツーでした。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130908ダノンシャーク  牡52130602安田記念G112芝1600 0.1
120909スマイルジャック 牡76120812関屋記念G37芝1600 0.5
110911アプリコットフィズ牝47110814クイーンG3812芝1800 1.5
100912キョウエイストーム牡57100711七夕賞HG312芝2000 0.4
090913アップドラフト  セ714090823小倉日経5芝1800 0.7
080914レッツゴーキリシマ牡310080601東京優駿G11613芝2400 1.6
070909カンファーベスト 牡84070805関屋記念G39芝1600 0.8
060910カンファーベスト 牡76060806関屋記念G314芝1600-0.1
050911ニシノシタン   牡54050731関屋記念G3614芝1600 1.6
040912シャイニンルビー 牝55040815クイーンG3710芝1800 1.2

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走条件戦、オープンなら勝ち馬から0.5秒前後差以内で、今回斤量が2kg以上軽くなる
  • 前走G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(重賞3着以内の実績がある馬を除く)
  • 前走距離は1200m~2400m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内(重賞馬、G1連対馬を除く)

です。

実績を見てみると、ほとんどの馬が近3走以内に
勝ち馬から0.5秒前後差以内の競馬をしていました。
(G1で3着以内の実績がある馬を除く)

牝馬の場合、重賞連対実績のある馬が連対していますね。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走条件戦なら勝っていて、今回斤量が2kg以上軽くなる
  • 前走オープンなら勝っているか、勝ち馬とタイム差なしの競馬
  • 前走G3なら3番人気以内or3着以内
  • 前走距離は1000m~1800m
  • 前走との間隔は約1ヶ月以内(重賞馬を除く)
  • 近3走以内に連対しているか重賞で勝ち馬から0.5秒前後差以内の競馬

2着馬の条件

  • 前走条件戦、オープンなら勝ち馬から0.5秒前後差以内で、今回斤量が2kg以上軽くなる
  • 前走G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(重賞3着以内の実績がある馬を除く)
  • 前走距離は1200m~2400m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内(重賞馬、G1連対馬を除く)
  • 近3走以内に勝ち馬から0.5秒前後差以内の競馬(G1で3着以内の実績がある馬を除く)

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

京成杯オータムハンデの予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング





関連記事

タグ : 京成杯オータムハンデレースデータ分析 京成杯オータムハンデデータ 京成杯オータムハンデ 2014年京成杯オータムハンデレースデータ分析 第59回京成杯オータムハンデレースデータ分析 2014年京成杯オータムハンデデータ 第59回京成杯オータムハンデデータ 2014年京成杯オータムハンデ 第59回京成杯オータムハンデ 2014年第59回京成杯オータムハンデ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。