【2015年版】 クイーンステークス(G3)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/29(火)

クイーンステークス(G3)のレース分析(2015年版)をします。

では早速過去のクイーンステークスの勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。


*
日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
140803キャトルフィーユ 牝52140518ヴィクトG113芝1600 0.1
130728アイムユアーズ  牝41130512ヴィクトG111芝1600 0.4
120729アイムユアーズ  牝31120520優駿牝馬G14芝2400 0.9
110814アヴェンチュラ  牝31110730漁火S16002芝1800-0.4
100815アプリコットフィズ牝32100523優駿牝馬G14芝2400 0.6
090816ピエナビーナス  牝511090524パールS160012芝1800 0.4
080817ヤマニンメルベイユ牝62080518ヴィクトG113芝1600 0.7
070812アサヒライジング 牝42070513ヴィクトG19芝1600 0.1
060813デアリングハート 牝43060611エプソムG310芝1800 0.3
050814レクレドール   牝45050710マーメイG31芝2000 1.4

(2013年は函館競馬場で行われました)

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 斤量55kg以下
  • 前走1600万下、オープンなら3着以内or勝ち馬から0.3秒前後差以内
  • 前走G3なら5着以内
  • 前走G1なら勝ち馬から1.0秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~2000m(G1を除く)
  • 前走との間隔は約3ヶ月半以内

です。

実績を見てみると、ほとんどの馬が牝馬重賞で連対しているか、
牡馬混合の1600万下を勝っていました。

また、札幌で勝ち鞍のある馬の場合は、
牝馬重賞や1600万下で3着以内の実績があれば好走出来るみたいです。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
140803アロマティコ   牝56140706巴賞3芝1800-0.0
130728スピードリッパー 牝58130622夏至SH1600913ダ1600 1.5
120729ラブフール    牝510120707五稜郭H16002芝2000 0.5
110814コスモネモシン  牝410110515ヴィクトG11311芝1600 1.3
100815プロヴィナージュ 牝53100516ヴィクトG15芝1600 0.2
090816ザレマ      牝51090621マーメイHG3310芝2000 0.8
080817レジネッタ    牝31080525優駿牝馬G15芝2400 0.2
070812イクスキューズ  牝36070701ラジオNIHG34芝1800 0.3
060813ヤマニンシュクル 牝52060618マーメイHG31芝2000 0.5
050814ヘヴンリーロマンス牝510050424福島牝馬G3510芝1800 0.7

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走1000万下なら洋芝コースで勝っていること
  • 前走1600万下、オープンなら3着以内or勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走G3なら5番人気以内or5着以内
  • 前走G1なら勝ち馬から1.2秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~2000m(G1を除く)
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内(G1馬を除く)

です。

2013年のスピードリッパーは、
前走のダート戦を無しとして考えれば、
だいたい上の条件に当てはまります。
(前々走の芝のレースが上の条件にほぼ当てはまる)

実績を見てみると、ほとんどの馬が牝馬重賞か
牡馬混合の1600万下で3着以内、または勝ち馬から
0.5秒前後差以内になっているか、近2走連続して連対していました。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 斤量55kg以下
  • 前走1600万下、オープンなら3着以内or勝ち馬から0.3秒前後差以内
  • 前走G3なら5着以内
  • 前走G1なら勝ち馬から1.0秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~2000m(G1を除く)
  • 前走との間隔は約3ヶ月半以内
  • 牝馬重賞で連対、または牡馬混合の1600万下を勝っている
  • 牝馬重賞か牡馬混合の1600万下で3着以内の実績があり、
    札幌でも勝ち鞍がある

2着馬の条件

  • 前走1000万下なら洋芝コースで勝っていること
  • 前走1600万下、オープンなら3着以内or勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走G3なら5番人気以内or5着以内
  • 前走G1なら勝ち馬から1.2秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~2000m(G1を除く)
  • 前走との間隔は約4ヶ月以内(G1馬を除く)
  • 牝馬重賞か牡馬混合の1600万下で3着以内
    または勝ち馬から0.5秒前後差以内の実績or近2走連続して連対

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

クイーンステークスの予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング





関連記事

タグ : クイーンステークスレースデータ分析 クイーンステークスデータ クイーンステークス 2014年クイーンステークスレースデータ分析 第62回クイーンステークスレースデータ分析 2014年クイーンステークスデータ 第62回クイーンステークスデータ 2014年クイーンステークス 第62回クイーンステークス 2014年第62回クイーンステークス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。