2012年第17回プロキオンステークス(G3)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/08(日)

2012年第17回プロキオンステークス(G3)を予想します。

競馬予想ブログランキング


*



今年のプロキオンステークスのレース分析によって
はじき出した1、2着候補がこちらです。

1着候補馬
5枠9番 ファリダット
5枠10番 セレスハント
7枠14番 アドマイヤロイヤル


2着候補馬
1枠1番 スーニ
2枠3番 テイクアベット
2枠4番 タンジブルアセット
4枠7番 シルクフォーチュン
8枠15番 インオラリオ
8枠16番 ニシオドリーム


それから特別候補馬として選んだ馬はこちらです。

特別候補馬
4枠8番 デュアルスウォード


上記の馬は、連対する可能性がある馬です。

3着馬は大抵の場合全ての馬にチャンスがあるため
分析はしていません。

今年は(から?)中京コースで行われるプロキオンS。

有力各馬はここを勝ちに来ていると思います。

能力的なもの、近走の調子、ローテーションでの絞り込みは
レース分析で済ませてあるので、ここからは血統、騎手、
コース適性、展開などで絞り込んでいきます。

ただ、中京コースはデータが少ないため、
種牡馬別のコース適性を判断するのは
ちょっと難しいです。

ということで、1、2着馬候補を
サーっとチェックしていきます。


まず、このまま1番人気になりそうなファリダット。

ファリダットはダートに路線変更してから
成績が一変しましたが、もともと良血だし、
芝のG1でも好走していたので、ダートでも
かなり良い結果を残すことが出来ると思います。

とは言っても、この馬も7歳なので、ダートでこの歳で
重賞をバンバン勝てるのはG1級の馬だけだと思っているので
まだ半信半疑なところはあります。


セレスハントはいつ走るかわからない困ったチャンです。

実績については、交流重賞は勝っていますが、
中央のレースではオープンしか勝ってないんですよね。

重賞になると掲示板にも載れないので
ここではいらないかなと思います。


アドマイヤロイヤルは良血、成績も安定しているので
馬券の買い目から外すことは出来ませんが、
勝率が低く、なかなか勝ち切れないところがあるので、
頭にするのは怖い感じです。


スーニは交流G1を勝ったり、他の重賞もいっぱい勝っていますが、
中央のレースになると全然勝てません。

古馬になってからはオープンでも馬券に絡んでいないので、
ここではいらないと思います。


テイクアベットは前走1600万下を勝っての参戦ですが、
前々走では芝のオープンで0.1秒差の3着になっているので、
ここでも好走する可能性は高いと思います。

しかも、他の有力馬は後方からの競馬なので、
そちらからのマークは甘くなると思います。

とは言っても、今回の出走メンバーの中には
前に行きたい馬がいっぱいいるので、
展開的に楽になるとは思えません。

思えませんが、この馬はスピードも
スタミナも馬格もあるし、何より人気よりも
着順が上になるレースが多いので、
ここでも「買い」だと思います。


タンジブルアセットは前走こそ5着と馬券圏外になりましたが、
それまでは堅実な走りをしていました。

前走の5着も勝ち馬から0.3秒差なので
今回もチャンスは十分にあります。


シルクフォーチュンは前走のかしわ記念で大敗しましたが、
この馬は1600mよりも1400mのほうが合っていると思うので、
今回巻き返す可能性は十分にあります。

ただし、前走が負けすぎな感じもあるので、
「絶対」「信頼」はないと思います。


インオラリオは前々走オープンを勝っていますが、
不良馬場で人気薄で勝ったものだったので、
個人的には軽視しています。


逆に注目しているのはニシオドリーム。

この馬は前々走オープンで惨敗していますが、
勝率、連対率、複勝率が高いので軽視は出来ません。

こういう馬は、クラスが上がっても
それなりに走ってくるので。

ただ今回は大外枠だし、鞍上も初騎乗の国分騎手なので、
どこまでやれるかは正直わかりません。

ということで、印はこのようにしました。

◎ 4枠7番 シルクフォーチュン
○ 5枠9番 ファリダット
▲ 7枠14番 アドマイヤロイヤル
△ 2枠4番 タンジブルアセット
△ 2枠3番 テイクアベット

有力メンバーが後方からの競馬なので
前残りが怖いかなと思いましたが、先行したい馬が
いっぱいいるので速めのペースになるかなと。

個人的には中京ダート1400mはタフなコースだと思っているので、
このメンバーなら差し馬有利と考えました。

◎はやはりG1で実績を残しているシルクフォーチュン。

前走の大敗が気掛かりですが、
初交流重賞だったからと考えれば仕方ないのかなと。

ただこの馬の場合、1秒以上負けたあとに
いきなり勝ったということはないので、
そこは注意が必要です。

今回はG3だからということで◎にしました。

○はファリダット。

オープンで連勝したなら、あとは重賞ですよね。
ここでシルクフォーチュン相手に圧勝するなら
ダートG1級の能力を持っていると思います。

▲はアドマイヤロイヤル。

終いは堅実に伸びてくるので▲にしました。

△はタンジブルアセットとテイクアベット。

タフなレースになるならコースロスなく回れる
内枠が良いかなと。

ただし、前半位置取りに脚を使ってしまうと、
直線で必ずバテるので、そこは騎手の判断次第だと思います。

△2頭に匹敵すると考えているのがニシオドリームです。
今回は大外ということで無印にしました。

実績的にはワールドワイドも面白そうですが、
過去の1~3着馬までを見てみると、今年初出走の馬は
いなかったので、無印にしました。


購入馬券ですが、人気馬同士の堅い決着になる可能性が
高いと思うので、個人的には買いません。

軸として一番信頼出来そうなのはファリダットですが、
前残りプラス、シルクフォーチュンが強かった的な
決着になると連対出来ないかもしれないので、
馬連だと怖いですね。

なので、馬券を買うとしたら◎○▲の馬連ボックス3点買いです。

人気ブログランキング





関連記事

タグ : プロキオンステークス予想 2012年プロキオンステークス予想 第17回プロキオンステークス予想 プロキオンステークス 2012年プロキオンステークス 第17回プロキオンステークス 2012年第17回プロキオンステークス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。