2012年第29回東海ステークス(G2)予想&購入馬券

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/19(土)

2012年第29回東海ステークス(G2)を
レース分析記事を参考にしながら予想します。

人気ブログランキング


*



東海ステークスの1、2着候補馬は、
こちらの記事でピックアップしておきました。

2012年第29回東海ステークス(G2)のレースデータ分析


東海ステークスの予想参考記事はこちら(別ウインドウで開きます)
東海ステークスのレース分析はこちら ⇒ レース分析
東海ステークスの出馬表はこちら ⇒ 出馬表
東海ステークスのオッズはこちら ⇒ オッズ


まず、1、2着候補馬をチェックします。

1着候補馬
1枠1番 サイレントメロディ
4枠7番 アイファーソング
5枠8番 バーディバーディ
6枠10番 ニホンピロアワーズ
7枠13番 ミラクルレジェンド
8枠15番 ワンダーアキュート


2着候補馬
2枠2番 グリッターウイング
3枠4番 ソリタリーキング
4枠6番 トウショウフリーク
7枠12番 デスペラード


まず最初に京都ダート1900mについて。

誰もが1800mと1900mの違いって?
そもそも1900mなんて必要なの?

って思うでしょう。^^;

京都ダート1900mは、もともと降雪のため
芝のレースをダートに代える時に使っていたみたいなんです。

そのダート1900mをなぜ使おうと思ったのか
真意のほどはわかりませんが、多分2000mの代わりなんでしょう。

京都コースでダート2000mを作ろうとすると、
スタート位置が4コーナーになってしまいます。^^;

ダートコースの外側には芝コースがあるので、
芝のように「引き込み線」って作れないですからね。

だから、1900mなんてスッキリしない距離に
なっているんだと思います。

ではこの1900mと1800m、一体何が違うのか?

表を使って説明したいところですが、
それは今後のコースデータ分析のコンテンツとして
提供することにします。^^;

今回は簡単に必要な分だけ。

まずほとんど変わらないのが脚質です。

1800m同様、1900mも逃げ・先行馬の成績が良いです。

京都コースは直線が平坦なので、
なかなか前が止まらないんでしょうね。

血統的にはほとんど同じですが、やはり1800mよりも
1900mのほうが、よりスタミナが必要となるみたいで
長距離が得意な種牡馬の成績が上がっています。

今年の出走メンバーの中で1800mから1900mに変わることで
好走率が上がるのは、ネオユニヴァース産駒のリバティバランスと
デスペラードです。

デスペラードの成績を見てもわかりますが、
1800mのときはイマイチでも1900mになると
成績が良くなる可能性があります。

シンボリクリスエス産駒のサイレントメロディも
良くなりそうです。

枠の有利不利については1800mよりも1900mのほうが、
より有利不利がなくなったって感じでしょうか。

以上のことを踏まえて。

逆らいたくないのはG1レースでも好走する馬です。

さすがG2というか、ダート重賞での好走歴がある馬が
多く出走します。

だから、その中で上位評価するのはG1での好走馬。

この中で文句なしの評価なのはワンダーアキュートです。

去年のこのレースも勝ってますし。

あとはミラクルレジェンドとバーディバーディです。

ミラクルレジェンドは牝馬ですが、馬鹿に出来ない存在です。
ジャパンカップダートでも好走しましたからね。

バーディバーディは前走のオープンで凡走したため
今回は人気を落としていますが、前走騎乗したのは三浦騎手。

そして今回騎乗するのはバーディバーディに「乗りなれた」
松岡騎手です。

関東の松岡騎手、京都ダート1900mは大丈夫なの?
と心配になるかもしれませんが、松岡騎手はG1ジョッキーだし、
G2を含む多くの重賞を勝っているので問題はないと思います。

それに、前走凡走と言っても、
勝ったナムラタイタンが強かっただけで、
2着にはハナ、クビ、ハナ差のタイム差なしですから、
人気を落としている今、買わないわけにはいきません。

んでも、バーディバーディはなかなか勝ち切れない馬なので、
頭や軸に出来るほどの信頼はありません。

あとは、東海ステークスはアンタレスステークス組の
好走が目立つので、好走したアイファーソングと、
人気を裏切ってしまったニホンピロアワーズに
期待することにします。

ただ、アイファーソングの場合、内にヒラボクキングと
トウショウフリークという速い馬がいるので、外外を回って
先行しなければならないならダメかもしれません。

それなら、下手に買い目を増やすより
連対する馬だけを買った方がいいですね。

他にも買いたい馬はいっぱいいます。

でも勝つ馬は1頭だけだし、3着以内になる馬も3頭だけ。

他にも買いたい馬がいっぱいいるということは、
私にとってこのレースは「買わない」ほうが良いレースです。

でもとりあえず予想の印だけ。

ってなわけで、印はこのようにしました。

◎ 8枠15番 ワンダーアキュート
○ 7枠13番 ミラクルレジェンド
▲ 6枠10番 ニホンピロアワーズ
△ 5枠8番 バーディバーディ

購入馬券は、◎のワンダーアキュートから
○▲に流す馬連と△とのワイド、合計3点です。

馬連:
15-13,10
計2点

ワイド:
15-9
計1点

合計3点

予想の参考にしてみてください。^^

人気ブログランキング





関連記事

タグ : 東海ステークス予想 2012年東海ステークス予想 第29回東海ステークス予想 東海ステークス 2012年東海ステークス 第29回東海ステークス 重賞予想 競馬予想 競馬

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。