【2014年版】 天皇賞(春)(G1)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/01(木)

天皇賞(春)(G1)のレース分析(2014年版)をします。

では早速過去の天皇賞(春)の勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。


*
日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130428フェノーメノ   牡42130323日経賞G21芝2500-0.2
120429ビートブラック  牡514120318阪神大賞G2610芝3000 4.0
110501ヒルノダムール  牡47110403産経大阪G21芝2000-0.0
100502ジャガーメイル  牡62100220京都記念G23芝2200 0.1
090503マイネルキッツ  牡612090328日経賞G27芝2500 0.1
080504アドマイヤジュピタ牡53080323阪神大賞G24芝3000-0.4
070429メイショウサムソン牡42070401産経大阪G21芝2000-0.1
060430ディープインパクト牡41060319阪神大賞G21芝3000-0.6
050501スズカマンボ   牡413050409大阪―ハH3芝2500 0.2
040502イングランディーレ牡510040324ダイオG24ダ2400 1.0

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走はオープン以上で3着以内(G1馬を除く)
  • 前走距離は芝2000m以上
  • 前走との間隔は約2ヶ月半以内

です。

G1馬の場合、前走3着を外しても
勝ち馬から0.5秒差以内だったらOKみたいです。

実績を見てみると、全ての馬が
G2以上で連対実績がありました。

また、ほとんどの馬が近2走以内に
連対していました。

2012年のビートブラックは前走大敗しましたが、
G1の菊花賞で3着、G2の京都大賞典で2着の実績があり、
3走以内のG2で0.4秒差の4着になっていました。

こういう馬もチェックする必要がありますね。

このレースは長距離G1ということもあり、
その年その年で出走馬の質が違います。

ただ1つ言えることは、近3走全て
勝ち馬から0.7秒前後差以内の競馬をしていました。

だいたい4馬身以内ですね。

もう少し詳しくいうと、

G1 0.7秒以内(G1馬)
G1 5着以内&0.5秒以内
G2 5着以内&0.5秒以内
G3 5着以内&0.2秒以内
OP 5着以内&0.2秒以内

こんな感じです。

尚且つ、先ほども言ったように、
近2走以内に重賞で、出来ればG2以上で
連対してなければいけません。

個人的に、長距離の場合は近走の調子が
重要だと考えているので、この近3走の成績は
重要視したいですね。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130428トーセンラー   牡53130210京都記念G26芝2200-0.2
120429トーセンジョーダン牡63120401産経大阪G22芝2000 0.3
110501エイシンフラッシュ牡43110403産経大阪G23芝2000 0.0
100502マイネルキッツ  牡74100327日経賞G26芝2500-0.1
090503アルナスライン  牡54090328日経賞G24芝2500-0.1
080504メイショウサムソン牡52080406産経大阪G22芝2000 0.5
070429エリモエクスパイア牡411070324日経賞G2710芝2500 1.3
060430リンカーン    牡62060325日経賞G21芝2500-0.2
050501ビッグゴールド  牡714050409大阪―ハH7芝2500-0.1
040502ゼンノロブロイ  牡44040327日経賞G21芝2500 0.0

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走オープンなら3着以内
  • 前走G2なら勝ち馬から1.0秒前後差以内
  • 前走距離は芝2000m以上
  • 前走との間隔は約1ヶ月半以内

です。

実績を見てみると、G2以上で連対、
または勝ち馬から0.2秒前後差以内で走っているか、
2走以内のダイヤモンドSで連対していました。

また1着馬同様、近3走の成績もチェックします。

G1 5着以内or0.7秒以内
G2 5着以内or0.5秒以内
G3 0.2秒以内
OP 5着以内&0.2秒以内

2着馬はこんな感じですね。

G1を勝っていない馬は近2走以内に勝っていて、
G1馬の場合は3走以内にG2以上で3着以内になっていました。

1着馬、2着馬ともに、近3走は
1.0秒以上負けてるとちょっと割り引きですね。
(G1で3着以内なら別ですが)


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走はオープン以上で3着以内(G1馬を除く)
  • 前走距離は芝2000m以上
  • 前走との間隔は約2ヶ月半以内
  • G2以上で連対実績
  • 近2走以内に連対(G1馬を除く)

2着馬の条件

  • 前走オープンなら3着以内
  • 前走G2なら勝ち馬から1.0秒前後差以内
  • 前走距離は芝2000m以上
  • 前走との間隔は約1ヶ月半以内
  • G2以上で連対または勝ち馬から0.2秒前後差以内で走っているか
    2走以内のダイヤモンドSで連対
  • 近3走以内に連対しているかG1で3着以内

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

天皇賞(春)の予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 天皇賞(春)レースデータ分析 天皇賞(春)データ 天皇賞(春) 2014年天皇賞(春)レースデータ分析 第149回天皇賞(春)レースデータ分析 2014年天皇賞(春)データ 第149回天皇賞(春)データ 2014年天皇賞(春) 第149回天皇賞(春) 2014年第149回天皇賞(春)

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。