【2014年版】 中日新聞杯(G3)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/11(火)

中日新聞杯(G3)のレース分析(2014年版)をします。

中京競馬場は2012年に新しくなったばかり。

そのうえ、2011年まで12月に行われていたので、
そのまま分析してもズレが生じると思います。

ということで、2012年、2013年の中日新聞杯と、
2011年まで3月に行われていた中京記念を参考にしようと思います。

この中京記念は芝2000mのハンデ戦だったので、
今の中日新聞杯と同じです。

違うのは名称とコースだけです。

コースが違うので、100%参考になるわけではないと思いますが、 この時期のローカルハンデ重賞で勝つのはどんな馬なのか?
というのはわかると思います。

ということで、早速過去のレースで
どんな馬が勝っているのかチェックしてみます。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


*



日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130309サトノアポロ   牡55130120アメリカG24芝2200 0.6
120304スマートギア   牡76120204小倉大賞HG310芝1800 0.0
110320ナリタクリスタル 牡52110205小倉大賞HG32芝1800 0.4
100313シャドウゲイト  牡84100228中山記念G22芝1800 1.1
090314サクラオリオン  牡715090207白富士S7芝2000 0.6
080309タスカータソルテ 牡46071202中日新聞HG32芝2000 0.2
070304ローゼンクロイツ 牡54070217京都記念G2913芝2200 1.6
060305マチカネオーラ  牡45060219アメジH16001芝1800-0.2
050306メガスターダム  牡62050219京都記念G24芝2200 1.7
040307メイショウキオウ 牡716040208小倉大賞HG315芝1800 1.3

(中日新聞杯は2012年以降、それ以前は中京記念です。2011年は小倉競馬場で行われています)

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走1600万下なら3着以内で勝ち馬から0.2秒差以内、
    前走から斤量が軽くなっていて、今回のレースで5番人気以内
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(G2以上で3着以内の実績馬を除く)
  • 前走G2なら勝ち馬から1.5秒前後差以内
  • 前走距離は1800m~2200m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内

です。

実績を見てみると、近3走以内に勝っているか、
重賞で3着以内、または勝ち馬から0.5秒前後差以内の
競馬をしていました。

前走1600万下を勝った馬は、近3走で2勝しているか、
全て3着以内でした。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130309アドマイヤタイシ 牡61130105中山金杯HG34芝2000 0.3
120304ダンツホウテイ  牡79120204小倉大賞HG312芝1800 0.1
110320シャドウゲイト  牡98110213京都記念G21010芝2200 2.0
100313タスカータソルテ 牡612091212中日新聞HG38芝2000 1.3
090314ヤマニンキングリー牡41090207小倉大賞HG31芝1800 0.1
080309センカク     牡69080223京都記念G215芝2200 0.4
070304シルクネクサス  牡58070217京都記念G2810芝2200 0.9
060305ローゼンクロイツ 牡44051023菊花賞G13芝3000 1.0
050306サンライズペガサス牡74050219京都記念G21211芝2200 2.5
040307ナリタセンチュリー牡53040201松籟SH16002芝2400-0.2

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走1600万下なら3着以内で勝ち馬から0.2秒差以内、
    前走から斤量が軽くなっていて、今回のレースで5番人気以内
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(G2以上で3着以内の実績馬を除く)
  • 前走距離は1800m~3000m
  • 前走との間隔は約4ヶ月半以内

です。

実績を見てみると、ほとんどの馬が近3走以内に勝っているか、
重賞で3着以内、または勝ち馬から0.5秒前後差以内の
競馬をしていました。

前走1600万下を勝った馬は、近3走全て勝っていたので、
条件的には1着馬と同じでOKだと思います。

ほとんど1着馬と同じ条件ですが、
前走G2で惨敗した馬も好走するときがあるので、
注意が必要です。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走1600万下なら3着以内で勝ち馬から0.2秒差以内、
    前走から斤量が軽くなっていて、今回のレースで5番人気以内
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(G2以上で3着以内の実績馬を除く)
  • 前走G2なら勝ち馬から1.5秒前後差以内
  • 前走距離は1800m~2200m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内
  • 近3走以内に勝っているか、重賞で3着以内、
    または勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走1600万下を勝った馬は近3走で2勝しているか全て3着以内

2着馬の条件

  • 前走1600万下なら3着以内で勝ち馬から0.2秒差以内、
    前走から斤量が軽くなっていて、今回のレースで5番人気以内
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内(G2以上で3着以内の実績馬を除く)
  • 前走距離は1800m~3000m
  • 前走との間隔は約4ヶ月半以内
  • 近3走以内に勝っているか、重賞で3着以内、
    または勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走1600万下を勝った馬は近3走で2勝しているか全て3着以内

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

中日新聞杯の予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 中日新聞杯レースデータ分析 中日新聞杯データ 中日新聞杯 2014年中日新聞杯レースデータ分析 第50回中日新聞杯レースデータ分析 2014年中日新聞杯データ 第50回中日新聞杯データ 2014年中日新聞杯 第50回中日新聞杯 2014年第50回中日新聞杯

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。