【2014年版】 京成杯(G3)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/15(水)

京成杯(G3)のレース分析(2014年版)をします。

では早速過去の京成杯の勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


*



日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130121フェイムゲーム  牡37121216未勝利*6芝2000-0.4
120115ベストディール  牡32111105百日草特500*1芝1800-0.3
110116フェイトフルウォー牡32101226ホープフ3芝2000 0.5
100117エイシンフラッシュ牡31091213エリカ賞500*1芝2000-0.0
090118アーリーロブスト 牡32081214エリカ賞500*4芝2000-0.5
080120マイネルチャールズ牡31071223ホープフ2芝2000-0.1
070114サンツェッペリン 牡33061224ホープフ10芝2000 0.2
060115ジャリスコライト 牡31051211フューチG11芝1600 0.3
050116アドマイヤジャパン牡31041225ラジオたG33芝2000 0.3
040118フォーカルポイント牡32031214フューチG16芝1600 0.3

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走未勝利戦なら1番人気で勝っているか、0.5秒差前後の差をつけて勝っていること
  • 前走500万下なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走中山OPホープフルSなら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走阪神G3ラジオNIKKEI賞なら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走中山G1朝日杯なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~芝2000m
  • 前走との間隔は約2ヶ月半以内

です。

実績を見てみると、オープンで3着以内か、
重賞で5着以内の実績がありました。

また、オープン以上のレースに出走したことがない馬は、
デビューから連対率100%でした。

ほとんどの馬は複勝率が高かったです。

2013年のフェイムゲームが好走したのは
未勝利を勝ったレースだけでしたが、京成杯と同じ
中山芝2000mを勝ったことが大きかったんじゃないかと考えています。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
130121アクションスター 牡35121222ラジオNIG34芝2000 0.3
120115マイネルロブスト 牡35111218フューチG14芝1600 0.3
110116デボネア     牡38101226未勝利*3芝2000-0.2
100117アドマイヤテンクウ牡33091226ラジオNIG310芝2000 0.2
090118ナカヤマフェスタ 牡31081122東京スポG39芝1800-0.0
080120ベンチャーナイン 牡312071117東京スポG36芝1800 0.7
070114メイショウレガーロ牡31061125ベゴニア500*3芝1600-0.3
060115トウショウシロッコ牡35051225未勝利*2芝2000-0.1
050116シックスセンス  牡34041225ラジオたG34芝2000 0.5
040118マイネルマクロス 牡33031228ホープフ2芝2000 0.1

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走未勝利戦なら芝2000mのレースで3番人気以内で勝っていること
  • 前走500万下なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走中山OPホープフルSなら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走阪神G3ラジオNIKKEI賞なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走東京スポーツ杯なら5着以内or勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走中山G1朝日杯なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~芝2000m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内

です。

実績を見てみると、前走の条件に当てはまっていれば
特にコレといった条件はありません。

あえて言うなら、近3走以内で3着以内になっていることですが、
明け3歳の重賞に出走してくる馬のほとんどは当てはまっていると思います。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走未勝利戦なら1番人気で勝っているか、0.5秒差前後の差をつけて勝っていること
  • 前走500万下なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走中山OPホープフルSなら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走阪神G3ラジオNIKKEI賞なら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走中山G1朝日杯なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~芝2000m
  • 前走との間隔は約2ヶ月半以内
  • オープンで3着以内か重賞で5着以内の実績
  • オープン以上のレースに出走したことがない馬はデビューからの連対率が100%

2着馬の条件

  • 前走未勝利戦なら芝2000mのレースで3番人気以内で勝っていること
  • 前走500万下なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走中山OPホープフルSなら3着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走阪神G3ラジオNIKKEI賞なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走東京スポーツ杯なら5着以内or勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走中山G1朝日杯なら5着以内で勝ち馬から0.5秒前後差以内
  • 前走距離は芝1600m~芝2000m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内
  • 近3走以内で3着以内になっている

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

京成杯の予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 京成杯レースデータ分析 京成杯データ 京成杯 2014年京成杯レースデータ分析 第54回京成杯レースデータ分析 2014年京成杯データ 第54回京成杯データ 2014年京成杯 第54回京成杯 2014年第54回京成杯

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。