【2013年版】 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/18(水)

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)のレース分析をします。

では早速過去のラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


*



日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121222エピファネイア  牡21121124京都2歳1芝2000-0.3
111224アダムスピーク  牡24111204新馬2芝2000-0.4
101225ダノンバラード  牡24101127京都2歳1芝2000 0.1
091226ヴィクトワールピサ牡21091128京都2歳1芝2000-0.2
081227ロジユニヴァース 牡22081004札幌2歳G31芝1800-0.2
071222サブジェクト   牡24071209フューチG1713芝1600 1.7
061223フサイチホウオー 牡21061118東京スポG31芝1800-0.1
051224サクラメガワンダー牡22051210エリカ賞500*2芝2000-0.2
041225ヴァーミリアン  牡22041127京都2歳3芝2000 0.2
031227コスモバルク   牡24031108百日草特500*9芝1800-0.3

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走500万下なら1着or勝ち馬とタイム差なしの2着
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.1秒前後差以内の3着以内
  • 前走距離は1600m~2000m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内

です。

前走新馬戦を使って勝った馬はいなかったんですが、
2011年にアダムスピークが勝ちました。

阪神芝2000mは特に枠順に左右されるコースではなく、
位置取りも札幌2歳Sを勝ったグランデッツァと同じような感じだったので、
特別何かの影響を受けたわけじゃないと考えています。

それで後の2冠馬ゴールドシップを含む強豪を破ったのだから
能力は高いと思ってます。

正直、そういった馬を新馬戦の結果だけで見つけるのは
難しいと思います。^^;

でも4番人気に支持されていたように、
わかる人にはわかるんでしょう。

個人的には阪神芝2000mの新馬戦を勝っていたのが
ポイントなのかなと思っています。

それから前走G1朝日杯で惨敗した馬が参戦した場合、
重賞連対馬のような実績馬じゃなければ、
このレースでの好走はないみたいです。

実績を見てみると、ほとんどの馬が
近3走全て3着以内になっていました。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121222バッドボーイ   牡25121117東京スポG313芝1800 0.6
111224ゴールドシップ  牡23111001札幌2歳G32芝1800 0.1
101225オールアズワン  牡22101002札幌2歳G33芝1800-0.1
091226コスモファントム 牡22091031萩S4芝1800-0.4
081227リーチザクラウン 牡21081207千両賞500*1芝1600-0.5
071222サダムイダテン  牡21071117新馬1芝1600-0.5
061223ヴィクトリー   牡23061105新馬1芝2000-0.9
051224アドマイヤムーン 牡21051001札幌2歳G31芝1800-0.2
041225ローゼンクロイツ 牡21041127京都2歳2芝2000-0.2
031227ミスティックエイジ牡22031129京都2歳2芝2000-0.1

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走新馬戦なら1番人気で0.5秒以上の差をつけて勝っていること
  • 前走500万下なら1着or勝ち馬とタイム差なしの2着
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内の3着以内
  • 前走距離は1600m~2000m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内

です。

新馬戦で強い勝ち方をした馬でも
このレースでは2着までって感じですね。

2012年のバッドボーイは前走重賞で5着でしたが、
3着とは0.1秒差だったので、だいたい条件に
当てはまっていると考えています。^^

実績を見てみると、1着馬同様にほとんどの馬が
近3走全て3着以内になっていました。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走500万下なら1着or勝ち馬とタイム差なしの2着
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.1秒前後差以内の3着以内
  • 前走距離は1600m~2000m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内
  • 近3走全て3着以内かそれと同等の成績(G1、不良馬場を除く)

2着馬の条件

  • 前走新馬戦なら1番人気で0.5秒以上の差をつけて勝っていること
  • 前走500万下なら1着or勝ち馬とタイム差なしの2着
  • 前走オープン、G3なら勝ち馬から0.5秒前後差以内の3着以内
  • 前走距離は1600m~2000m
  • 前走との間隔は約3ヶ月以内
  • 近3走全て3着以内かそれと同等の成績(G1、不良馬場を除く)

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : ラジオNIKKEI杯2歳ステークスレースデータ分析 ラジオNIKKEI杯2歳ステークスデータ ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークスレースデータ分析 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークスレースデータ分析 2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークスデータ 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークスデータ 2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 2013年第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。