【2013年版】 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のレース分析

競馬予想、G1・重賞レースデータ分析、各競馬場のコースデータ、競馬商材馬券術など。競馬情報サイト・必勝馬券術・投資競馬・競馬予想ブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/04(水)

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のレース分析をします。

では早速過去の阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬をチェックし、
どんな馬が勝っているのか見てみます。

人気ブログランキング
競馬予想ブログランキング


*



日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121209ローブティサージュ牝25121110ファンタG34芝1400 0.5
111211ジョワドヴィーヴル牝24111112新馬1芝1600-0.2
101212レーヴディソール 牝21101016デイリーG21芝1600-0.2
091213アパパネ     牝22091115赤松賞500*3芝1600-0.4
081214ブエナビスタ   牝21081115未勝利・牝*1芝1600-0.5
071202トールポピー   牝23071111黄菊賞500*2芝1800 0.0
061203ウオッカ     牝24061112黄菊賞500*2芝1800 0.2
051204テイエムプリキュア牝28051023かえで賞500*5芝1400-0.1
041205ショウナンパントル牝28041016デイリーG22芝1600 0.2
031207ヤマニンシュクル 牝26031004札幌2歳G32芝1800 0.3

2006年から新しいコースになっています。

過去の勝ち馬を見て気づいたことは、

  • 前走新馬・未勝利なら1番人気で勝っていて、今回5番人気以内
  • 前走500万下なら5番人気以内で連対
  • 前走G3なら5番人気以内で3着以内
  • 前走G2なら5着以内
  • 前走牝馬限定戦なら勝っていること(重賞を除く)
  • 前走500万下以上の牡馬混合レースで勝ち馬から0.2秒差前後
  • 前走距離は1400m~1800m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内

です。

前走未勝利戦を勝った馬で阪神ジュベナイルフィリーズを勝った馬は、
過去20年間でブエナビスタだけです。

ブエナビスタは知っている通りG1レース6勝している
歴史に残る名馬です。

しかも、天皇賞(秋)、ジャパンカップなど、
牡馬の一線級を相手に勝利しているほどのツワモノ。

ブエナビスタが出走した新馬戦は、
後の皐月賞馬アンライバルド、菊花賞馬スリーロールス、
ダービー2着馬リーチザクラウンなどが出走していた
「伝説の新馬戦」と呼ばれるほどのレース。

この新馬戦で上がり最速の3着(牝馬では最先着)なら
仕方ないというか。

なので、前走新馬、未勝利戦の馬の1着は、
よほどの素質馬じゃない限り、無いと思います。
(ブエナビスタは阪神JFで1番人気でした)

2011年の勝ち馬、ジョワドヴィーヴィルは、
そのブエナビスタの半妹でした。

良血馬には注意ですね。^^

前走オープン戦の馬はいないですが、
過去20年まで見てみると3頭いて、3頭とも勝っています。

だから500万下と同様、「前走オープン戦なら連対」でいいと思います。

それから、前走距離に関してですが、
コースが新しくなる前の2005年までは
ファンタジーSなどの1400mが2~3年に1回と
多かったですが、2006年以降は1度しかありません。

2012年の勝ち馬ローブティサージュは
前走1400mのファンタジーSで2着でしたが、
デビュー戦の1800mを勝っていたのでスタミナ面での不安は
なかったと思います。

もちろん連対している馬の中には前走1400mだった馬も多くいるので
絶対に来ないというわけではないと思いますが、
それでもその条件の1、2番人気が勝っていないのは
正直気になります。

実績を見てみると、ほとんどの馬が出走した牝馬限定戦では
3着以内を確保していました。

前走連対を外した馬は3頭いますが、
どの馬も牡馬混合のオープン以上を勝っているか、
重賞で連対していました。

また、コースが新しくなった2006年以降は、
全ての馬が1600m以上の距離で勝っていました。


同じように過去の2着馬も調べてみます。

日付馬名S性齢人気着順前走日付前走レース名前走人気前走着順前走距離前走馬場状態前走着差タイム
121209クロフネサプライズ牝215121013りんどう500*5芝1400-0.2
111211アイムユアーズ  牝28111105ファンタG38芝1400-0.2
101212ホエールキャプチャ牝24101106ファンタG35芝1400 0.0
091213アニメイトバイオ 牝25091114京王杯2G24芝1400 0.2
081214ダノンベルベール 牝23081116赤松賞500*1芝1600-0.2
071202レーヴダムール  牝28071027新馬1芝1600-0.0
061203アストンマーチャン牝21061105ファンタG33芝1400-0.8
051204シークレットコード牝29051105新馬・牝4芝1600-0.4
041205アンブロワーズ  牝23040808函館2歳G36芝1200-0.1
031207ヤマニンアルシオン牝210031109新馬1芝1200-0.9

過去の2着馬を見て気づいたことは、

  • 前走新馬戦なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走500万下、オープンなら3着以内
  • 前走G2、G3なら5着以内
  • 前走牝馬限定戦なら負けても勝ち馬とはタイム差なし
  • 前走500万下以上の牡馬混合レースなら勝ち馬から0.3秒差前後
  • 前走距離は1200m~1600m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内(オープン勝ち、重賞3着以内は除く)

です。

実績を見てみると、1着馬同様ほとんどの馬が出走した牝馬限定戦では
3着以内を確保していました。

牝馬限定戦で4着以下になっていても、
牡馬混合のオープンや重賞を勝っていれば、特に問題はありません。

それから、前走新馬戦の馬は上がり3F最速で勝っています。

また、コースが新しくなった2006年以降は、
前走1200mの馬は馬券に絡んでいません。

過去10年の3着馬を見ても前走牝馬戦で連対を外している馬はなく、
牡馬混合レースに出走した馬でも1.0秒以上負けた馬はいないので、
とにかく前走好走していることが条件のようです。


それではおさらいします。

1着馬の条件

  • 前走新馬・未勝利なら1番人気で勝っていて、今回5番人気以内
  • 前走500万下なら5番人気以内で連対
  • 前走G3なら5番人気以内で3着以内
  • 前走G2なら5着以内
  • 前走牝馬限定戦なら勝っていること(重賞を除く)
  • 前走500万下以上の牡馬混合レースで勝ち馬から0.2秒差前後
  • 前走距離は1400m~1800m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内
  • 出走した牝馬限定戦では3着以内になっている
  • 牡馬混合のオープン以上を勝っている馬に注意

2着馬の条件

  • 前走新馬戦なら5番人気以内で勝っていること
  • 前走500万下、オープンなら3着以内
  • 前走G2、G3なら5着以内
  • 前走牝馬限定戦なら負けても勝ち馬とはタイム差なし
  • 前走500万下以上の牡馬混合レースなら勝ち馬から0.3秒差前後
  • 前走距離は1200m~1600m
  • 前走との間隔は約2ヶ月以内(オープン勝ち、重賞3着以内は除く)
  • 出走した牝馬限定戦では3着以内になっている
  • 牡馬混合のオープン以上を勝っている馬に注意

上記条件に多く当てはまる馬が狙い目です。

阪神ジュベナイルフィリーズの予想をするときは、
ここまでを参考にしてみてください。

競馬予想ブログランキング
人気ブログランキング





関連記事

タグ : 阪神ジュベナイルフィリーズレースデータ分析 阪神ジュベナイルフィリーズデータ 阪神ジュベナイルフィリーズ 2013年阪神ジュベナイルフィリーズレースデータ分析 第65回阪神ジュベナイルフィリーズレースデータ分析 2013年阪神ジュベナイルフィリーズデータ 第65回阪神ジュベナイルフィリーズデータ 2013年阪神ジュベナイルフィリーズ 第65回阪神ジュベナイルフィリーズ 2013年第65回阪神ジュベナイルフィリーズ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 競馬予想ブログ。必勝競馬 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。